[小学生の英語学習] 中学受験に英語が必要になる!その理由と対策

スポンサーリンク

英語は中学受験に必要

これまで小学生の英語学習は、10歳までに英語を話せるようにさせたい、国際人に育ていたという目的でしたが、最近は算数や国語と同じく中学受験の科目として重要になってきています。

著名な中学校が、受験に英語の試験を導入したり、英語検定試験の結果が受験の点数に加点されたりと、英語ができることが中学入試に有利になってきたからです。

中学受験の英語選択入試

2019年、首都圏の私立国立中学校で英語選択入試を実施した学校は125校でした。
その受験者数は1800人から2000人。うち合格者は1000人と言われています。
特に、2019年は超人気校、慶應義塾湘南藤沢中等部が英語(選択)入試を導入したことが、話題になりました。

今後、ますます英語入試が増えると言われています。

中学受験の英語対策

では、その対策はというと、英語検定、いわゆる英検受験です。

英語の4技能、読み、書き、聞く、話すをすべて

多くの学校では求める英語のレベルを、英検4級以上、3級以上という形で目安をもうけています。

受験する小学生は志望校の目安を知った上で、受験することができます。
英検資格があれば加点されるあるいは筆記試験免除という学校もあります。
 
各校の優遇条件は英検のサイトでも紹介されています。

受験・進学に「効く」!英検・TEAP・IELTS入試活用校検索
 

英検は小学生のうちに受けたい

中学受験に有利な英検。
2019年時点では、高校入試ではあまり有利な材料がありません。
英検を使えるのは中学受験と大学受験。
ということで、中学受験を考えているのなら、小学生のうちから受けるのがおすすめです。

スポンサーリンク