小学生の子供が本当に好きな本はどんな本?夢中になる本5選

スポンサーリンク

小学生の子供が本当に好きな本は?

子供に本を読んでほしいのになかなか読んでくれないという方に

子供が本当に好きな本はどんな本なのか、どんな本なら夢中になってくれるのでしょうか。

我が家の実体験をシェアさせていただきます。
我が家の子供は、幼児の頃から読み聞かせを続けたものの、小学生になってから、自分ではなかなか本を読んでくれませんでした。そんな子供が、3年生になったとき、突然好んで本を読むようになりました。

その本が、クラスメイトの中で人気があった、あの本です。
下記の記事で詳しくご紹介していますので、ぜひ読んでください。↓

本嫌いな小学生が本好きになったきっかけ、科学漫画サバイバル

ということで、本好きでない子供が夢中になるのは、クラスメイトの間でも人気の本なのです。

小学生に人気がある本の3つの共通点

最近の子供に人気の本には3つの共通点があります。
1.まんがっぽい表紙やイラストが入った、映像として訴えかけてくる物語。
2.主人公が同年代で、実感がわき感情移入がしやすい小説。
3.魔法、探偵モノ。
同年代主人公による、魔法世界。
そして映像として物語が想像できるストーリー。
まさに「ハリーポッター」シリーズのような作品です。

決して名作ではなく、親としては、不満であり不安でもありますが、どんな種類の本であれ、本を読むことで理解力は確実にあがっていきます。
何よりも本って面白いということを感じ、本を読むという習慣を、小学生の頃につけることが肝心です。
好きな本、お友達の中で人気のある本を手にとって、読書週間をつけられたら、良いですよね。


次に、小学生に人気のある本をご紹介します。
シリーズになるほど、長期間にわたって人気のある本が多いのが特徴です。
ぜひ、好きそうなジャンルから選んでみてください。

低学年〜中学年に人気の本

1.「かいけつゾロリ」シリーズ  原ゆたか かいけつゾロリうちゅう大作戦


2.「おしりたんてい」シリーズ  トロル  おしりたんてい むらさきふじんのあんごうじけん

3.「マジック・ツリーハウス」シリーズ メアリー・ポープ・オズボーン  マジック・ツリーハウス 第1巻恐竜の谷の大冒険

4.「100かいだてのいえ」シリーズ いわいとしお

5.「ミッケ!」シリーズ ウォルター・ウィック


中学年〜高学年に人気の本

1.「ざんねんないきもの事典」シリーズ 今泉忠明 おもしろい!進化のふしぎ もっとざんねんないきもの事典

2.「サバイバル」シリーズ ロボット世界のサバイバル

3.「空想科学読本」シリーズ

4.「エルマーのぼうけん」シリーズ ルース・スタイルス

4.「エルマーのぼうけん」シリーズ ルース・スタイルス

5.「ぼくらの7日間戦争」シリーズ宗田理

スポンサーリンク