受験生 インフルエンザ予防接種はいつ受ける?

スポンサーリンク
受験
この記事は約2分で読めます。

インフルエンザ予防接種

スポンサーリンク

受験シーズンとインフルエンザのシーズン

受験シーズンは、インフルエンザの流行時期と同じです。
毎年、インフルエンザの予防接種を受けているという方は多いと思いますが、受験の年は特に注意が必要ですね。

[br num=”1″]

というのも、インフルエンザは気温が10度前後で乾燥した季節に流行します。
冷温乾燥を好むウイルスなので、例年、流行するのは年末の12月頃から翌年3月まで。
まさに受験シーズンです。

[br num=”1″]

[br num=”1″]

感染力の強いインフルエンザに罹った人は仕事や学校を5日から1週間休まなくてはなりません。

[br num=”1″]

そのため、受験生は特に受験までの間にインフルエンザに罹らないように予防しなければなりませんね。

[br num=”2”]
[br num=”1″]

スポンサーリンク

インフルエンザの予防接種とは

予防接種の仕組みは、ウイルスを自分の体内に強制的に入れ、身体に抗体を作らせるというものです。
そして本当のインフルエンザウィルスが身体に入ってきた時には、すでに作られていた抗体が本物のウイルスを倒すのです。免疫作用ですね。

[br num=”1″]

予防接種に使われるウイルスは、化学処理をされたウイルスです。

[br num=”1″]

世の中にあるインフルエンザウイルスというのは1種類ではなく、いろいろな型があります。そのため毎年、はやりそうな型を選んでワクチンが作られています。

[br num=”2”]

受験生はいつ受ける?

では、受験の年、いつ予防接種を受けたらよいのかということですが。
予防接種の効果は摂取してすぐ出る訳ではありません。抗体は1〜2週間かけて作られます。
抗体ができてからインフルエンザに対する抵抗力・免疫力ができるので、予防接種後1週間以内では効果はありません。

[br num=”1″]

つまり、流行しはじめて学級閉鎖になってから予防接種を受けに行っていては間に合わなくなってしまうのです。
流行りはじめる前に受けるべきでしょう。

[br num=”1″]

一方、いつまで効果が続くのかですが、抗体ができてから1ヶ月後から3ヶ月くらいまでが一番高い時期ということです。 
その後効果が薄れ始め、5から6ヶ月まで効くといわれています。

[br num=”1″]

受験日は1月から3月ですから、この3ヶ月間に一番効果が高くなるためには、12月までに摂取するのが効果的でしょう。

[br num=”1″]

コメント

タイトルとURLをコピーしました